困ったときは弁護士に相談して安心な生活を送ろう

交通事故の際に

腕組をしてこちらを見ている

弁護士は何をしてくれるか

現代社会は車、バイク社会であり、交通事故が起こることは日常茶飯事です。
仮に自分が注意していても、他人の事故に巻き込まれる可能性も否定できません。
このように交通事故は一定確率で発生するもので、他人ごとではありません。
もし交通事故を起こしてしまったり、起こされてしまった場合、当事者に争いがなければ、損害賠償は示談で成立し、問題はありません。
しかし、両者間で争いがある場合もあります。
たとえば両者ともに過失がある可能性がある場合です。
そのような場合は弁護士に相談しましょう。
弁護士は、法律のプロですから、適切なアドバイスをしてくれますし、示談交渉も行ってくれます。
万が一裁判になっても、事前の相談で得た情報を基に、裁判において訴訟代理人となってくれますから、安心できます。

示談屋には注意しましょう

よく、交通事故を起こしてしまった場合に、示談屋と呼ばれる人々が交渉事を行うことがあると聞きます。
示談屋とは、交通事故の被害者、加害者の一方から依頼を受け、代理人として示談をまとめ、依頼者から報酬を受けることを生業とするものです。
しかし、この行為は違法です。
有料で示談を行うことができるのは弁護士のみだからです。
これは、弁護士法で定められています。
弁護士以外の者が、報酬を得て代理人として交渉をすることは、弁護士法72条でいう非弁行為に当たり、刑事罰を受けます。
そもそも、示談屋と呼ばれる人々は、裏社会とのつながりがある人物の可能性が高いです。
仮に示談がうまくいったとしても、後々、報酬につきトラブルとなる可能性を否定できません。
したがって、示談をする場合は、素直に弁護士に依頼し、無用なトラブルは避けるようにしましょう。